雪のアルプスにありがとう!

ドイツ生活記

雪のアルプスにありがとう!1月21日から25日まで、Zell am Zee(オーストリア)で4泊5日のウィンターキャンプが行われました。

今年は第1日目に降った雪と、その後の晴天のお陰で絶好のスキー日和になり、怪我をした生徒もなく、全て順調に行ったと学校側も大満足でした。

だた、いつも使っているユースの手違いで、私たち教員7名が別のホテルをあてがわれるというハプニングがありましたが、結果的には、生徒集団から離れ、快適なホテルでゆったり過ごさせていただくことになり、内心喜んでしまいました。(他の先生方には内緒ですが。)

去年と同じKaprunのゲレンデで、リフトに乗り雄大なアルプスの山々を眺めていると、この1年間を飛び越えて、ちょうど1年前の自分がそこにいるような気がしました。スロープの上に立ち、イギリスの娘に、『これから滑りまーす。このアルプスの絶景を見せてあげたいな。』とメールを送ると、滑り降りている間に着信音が鳴り、『とにかく転ばないようにね!』と返信がありました。

私が怪我をして周りの人に迷惑をかけることだけないようにと十分注意していたつもりですが、転んだときに顔面を2回も打ってしまい、目の周りがパンダのようになってしまいました。やはり知らず知らずのうちに、体力的に無理が来ているのかなと、ちょっとしょげています。

このウィンターキャンプが終わり、本当にホッとしていますが、アルプスの中の広々としたスキー場で滑ることなどもうないかもしれないと思い、美しい山々の姿を目に焼き付けてきました。


Leave a Reply