イギリス人の家庭でクリスマス。

ドイツ生活記

イギリス人の家庭でクリスマス。12月23日、一足先にロンドンに行き、24日は娘と彼氏の家に上の息子も泊まりに来ました。

25日の朝は、それぞれのストッキングに詰められたプレゼントをひとつひとつ取り出しながら、私も童心に返って歓声を上げていました。

の日は娘の彼氏の家のクリスマスランチに招待されていました。ランチはシャンパンの乾杯から始まり、特大サイズの七面長の丸焼きのスライスをワインと一緒にいただき、その後にコーヒーとクリスマスのお菓子ミンスパイを平らげた頃には、すっかり満腹になっていました。これで終わりかと思いきや、おしゃべりをしている間に、今度は軽食にと、トレイにどっさりと盛られた数種類のチーズとサラダが用意され、再び食事が始まりました。

娘の彼氏のおじいさんとおばあさんにも始めてお会いしましたが、80歳を過ぎた高齢にもかかわらず、よく食べ、よくおしゃべりされるとても楽しい御夫婦でした。

こうしてクリスマスの食事はいつまでも続き、家に帰ったのは夜中の12時を過ぎていました。(写真は私のストッキングに入っていたプレゼントの山です!)


Leave a Reply